正式な金融当局または自主規制団体による検討に先立ち、セキュリティ専門家と仮想通貨交換業者の関係者で、 利用者・消費者保護のリスク管理のための安全対策基準の策定を目的として設立された研究会です。
Neutrality
中立性
Transparency
透明性
Effectivity
実効性

UPDATE
新着情報

  • PUBLICATIONS

    『暗号資産カストディアンのセキュリティ対策についての考え方(案)第2版』

    Cryptoassets Governance Task Forceは、『暗号資産カストディアンのセキュリティ対策についての考え方(案)第2版』を公開しました。 Download PDF
    See more
  • NEWS

    『暗号資産カストディアンのセキュリティ対策についての考え方(案)第2版』に対するパブリックコメントの結果

    CGTFでは、2020年6月3日より『暗号資産カストディアンのセキュリティ対策についての考え方(案)第2版』についてのパブリックコメントを行い、同年6月30日に終了しました。 いただいたコメントは、修正提案2件および補足コメント1件でした。CGTFにおいて、指摘の内容について確認を行い、別添コメント票の通り、修正提案についてはすべてご指摘の通り修正することといたしました。 ご指摘をいただいたコメント一覧表 ご協力をいただきましてありがとうございました。
    See more
  • NEWS

    『暗号資産カストディアンのセキュリティ対策についての考え方(案)第2版』パブリックコメント開始のお知らせ

    CGTFでは、暗号資産交換業等を含む、暗号資産カストディアンにおけるセキュリティ対策について、その考え方をまとめています。昨年実施した、初版のパブリックコメントの反映、および最新の知見を反映して第2版を策定いたしました。

    つきましては、以下の通り第2版についてもパブリックコメントを行いますので、お知らせいたします。

    See more
  • PUBLICATIONS

    暗号資産の署名鍵を取り扱うサービスに関する調査(CGTF ディスカッション・ペーパー)

    CGTF ディスカッション・ペーパー CGTF ディスカッション・ペーパーはCGTFのメンバーによる研究・調査成果を公表するための論文シリーズです。 ディスカッションペーパーの内容は執筆者の個人的見解であり、所属する組織及びCryptoassets Governance Task Forceとしての公式見解を示すものではありません。 また、ディスカッション・ペーパーは事前の予告なしに改定される可能性があります。 暗号資産の署名鍵を取り扱うサービスに関する調査(第2版) 栗田 青陽 Download PDF 2019年5月31日、「他人のために暗号資産の管理をすること」を新たに暗号資産交換業の一類型として規制対象とする「情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律」が成立した。 しかしながら、「他人のために暗号資産の管理をすること」に該当する業務の範囲等の解釈については現段階では明確ではない。 そこで本稿では、暗号資産を管理する形態と実際に提供されているサービスの実態に基づき、実施可能な制度の構築や、利用者の利便性の向上の検討にあたって重要と考えられる論点の整理を行い、あわせて署名鍵の取扱形態を整理し、それぞれ改正法が流出リスクと破綻リスクへの対応として業者に求める対応の必要性を分析した。 2019/12/16 第1版発行 2020/01/24 第2版発行 4章以降を追記
    See more
  • PUBLICATIONS

    2019年2月22日付 FATF Public Statement に対するコメント

    Cryptoassets Governance Task Forceは、FATFによる2019年2月22日付のPublic Statement – Mitigating Risks from Virtual Assetsに対してコメントを行いました。 Download PDF
    See more

MEMBERS
メンバー


WORKING GROUPS

Security Working Group
Cryptoasset Custodianにおける利用者・消費者保護のためのセキュリティ要件に関する検討および資料の作成を行う。
See more